フリーエンジニア

【1年あればOK】フリーランスエンジニアとして独立できるスキル指標について

こんにちは。

フリーランスエンジニアの有人(freese90)です。

先日、上記のようなツイートをしました。

今日は、このツイートについて深掘りしつつ、解説していこうと思います。

はじめに:

僕が初めてフリーランスエンジニアとして独立したときは、『自分のスキルで大丈夫か』という不安要素がかなりありました。

プログラミング業務0年の僕がフリーランスになって苦戦した3つのポイントでも解説した通り、僕が正社員としてエンジニアをしていた頃は、プログラミングの実務経験を積むことができなかった上に、そもそも正社員をしていたのは1年半くらいだったからです。

この記事では、経験の浅いエンジニアが、

『今からフリーランスエンジニアを目指す上で、どのようなスキルを身につけていく必要があるのか

どの程度のスキルをつければ、フリーランスエンジニアとして独立が可能か』

という観点で解説しようと思います。

フリーランスエンジニアのスキル指標

フリーランスエンジニアとして独立する際のスキル的な指標は、大きく分けると下記の通りです。

① 技術的な知識

② バージョン管理の知識

③ コミュニケーションツールの知識

④ タスク管理ツールの知識

① 技術的な知識

開発系のエンジニアであればRubyやPHP、Javaなどのプログラミング言語を使って、システムを実装するスキルであり、

インフラ系のエンジニアであれば、AWSや物理サーバ、ネットワークの構築などを行うスキルになります。

無論、このスキルが単価に一番直結するのは間違いないですが、技術的なスキルに関しては1年くらいの実務経験があれば、問題なく案件を探すことができます。

以下の記事も参考にしてください。

https://frien.jp/3steps_for_free_engineer

【朗報】フリーランスのエンジニアになるのは意外と簡単という真実 どうも。フリーランスエンジニアの有人(freese90)です。 僕も最初にフリーランスエンジニアに対して上...

② バージョン管理の知識

バージョン管理ツールとは、GithubやSVNなど、ソースコードの状態を時系列に沿って管理するツールです。

システム開発では、複数人で開発を進めることになり、『誰が、どのコードを、どのタイミングで』書いたかということをはっきりさせる必要があります。

大きく分けて、Web系の案件ではGithub業務系の案件ではSVNを用いてバージョン管理を行っている現場が多いです。

自分が目指したい業界を決めたら、バージョン管理ツールの使い方もしっかりと勉強しておくと良いでしょう。

③ コミュニケーションツールの知識

現場で開発をしていて、ちょっとした質問やコードレビューをお願いする際に、毎回声をかけていると効率が悪いので、現場ではコニュニケーションツールを用いてやり取りを行うことが一般的です。

代表的なコニュニケーションツールには、Slackチャットワークなどがあります。

少し難しい話ですが、システムのエラーログなどをSlackに通知して、即座に対応できるようにしている現場もあるので、このようなツールの使い方に慣れておくと良いでしょう。

④ タスク管理ツールの知識

多くの現場では、ある機能を実装する際に、『誰が・いつまでに』実装するかを可視化し、全員がスケジュールを確認できるようになっているのが一般的です。

(一般的に、エンジニアに作業を割り当てることを『チケットを発行する』と呼びます。)

代表的なタスク管理ツールには、BacklogTrelloRedmineなど様々ですが、一つの使い方を覚えたら、他のツールも似たようなものなので、どれか一つのツールの使い方に慣れると良いでしょう。

フリーランスエンジニアの実務スキルは1年で十分

ただ、フリーランスエンジニアになるための経験年数で言えば、1年程度で十分です。

『1年程度の技術で独立できるのか?』という疑問を持つ人もいるのですが、実際、フリーランスエンジニアになってから初めて触れる、技術や分野はかなりあり、逆に、それらを会社員時代に全て習得することは不可能です。

そもそもIT業界の技術の移り変わりは、かなり激しいので、今の技術が10年後も使われているという保証はありません。

もちろん、1年程度のプログラミング経験はあった方がいいですが、それ以上に関しては、その現場で必要とされている技術を、ググりつつ、学びつつ、スキルアップしていけばOKです。

繰り返しになりますが、1年間の実務経験で何を学ぶべきかは、技術的なスキルよりも、『バージョン管理ツールの使い方』『コミュニケーションツールの使い方』『タスク管理ツールの使い方』などの”エンジニアとしての常識”です。

『”エンジニアとしての常識” が身についている』というのが、フリーランスエンジニアとして独立できる指標になってきます。

【徹底比較】エンジニアが独立したら最初に登録すべきエージェント こんにちは。 フリーランスエンジニアの有人(freese90)です。 まずはじめに、フリーランスエンジニアとして独立...

本気でフリーエンジニアを目指したい人へ

TwitterやYoutube、ブログやInstagram等で情報発信をしていると、よく以下のような相談をいただくことがあります。

「今は未経験だけど、これからフリーランスを目指したい」

「既に実務経験があり、フリーエンジニアとして独立を検討している」

「現役のフリーランスだけど、もっと単価を上げたい」

☝️昔の僕がそうだったように、こんな目標がある方も多いと思います。

僕はどうせなら、自分だけではなく、周りでも「稼ぐ」エンジニアがもっと増えたらハッピーだなって思ってます。

また、単に「稼ぐ」だけではなく、「時間」や「場所」に縛られず自由に働けるエンジニアが周りに多いと、そのエンジニアの人たちと一緒に事業を作ったり、次の挑戦に向けて一緒に切磋琢磨できるので、

僕の周りに「お金」「時間」「自由」の3つが揃っている人たちが増えて欲しいなって思ってます(^-^)

そこで、公式LINE「最速で月収50万を達成するためのLINEマガジン」を用意し、具体的なノウハウの情報発信や個別の相談会を開催する取り組みを始めました。

登録者限定で、以下のプレゼントを準備しています▼

『独立相談会』を実施中▼

公式LINEで、フリーエンジニアを目指したい方の無料相談会も実施中です😁

✔︎ 対象

エンジニアの実務経験がある方

『相談会希望』とLINEをいただけたら、フリーエンジニアを目指すための相談にも乗れます🚀

※ 公式LINE限定特典や独立相談会は、完全無料です。

こちらをタップして参加できます▼

5日間の無料講座を受講する